過払い金返還請求と弁護士

貸金業法が改正される前に、消費者金融やクレジットカードを利用されていた方は、もしかしたら過払い金が発生している可能性があります。
その場合、過払い金返還請求を行えば払いすぎたお金が返還されます。

そもそも過払い金とは、本来支払う必要がなく貸金業者に対して支払いすぎたお金のことをいいます。金利の上限は利息制限法により、金額に応じて15〜20%とされています。この利息を超えて支払われたお金はすべて支払う必要がないお金なのです。5年以上の借入で過払い金が発生するようになっています。

しかし、この過払い金は返還請求を行わないと返還されることはありません。また、過払い金返還には条件もありますので気をつけなければなりません。

そこで頼りになるのが「弁護士」です。法律事務所の中には過払い金に関する相談が無料である所があります。こういった無料相談で一度自分に過払い金が発生しているかどうかを調べてみることをオススメします。

過払い金返還請求おすすめランキング

払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求についてご検討中の方はいらっしゃいますか。もしかして自分にも過払い金が発生しているかも知れないと考えている方は、一度弁護士へ過払い金についての相談をすることをオススメします。

そうすることで、自分に過払い金があるかどうかを調べることが可能です。過払い金は返済から10年以上経ってしまうと返済請求が出来なくなってしまうので早めに行動するようにしましょう。

しかし、過払い金返還請求について不安を感じている方も実際にいらっしゃるのではないでしょうか。そこでそんな方のために過払い金返還請求のメリットについて挙げていきましょう。

メリットは「払いすぎたお金が戻ってくる」ことです。過払い金は本来支払う必要のないお金となりますので、支払いすぎた金額がそのまま返還されます。
中には借金がなくなり、お金が返ってくるというケースもあります。過払い金返還請求をしなければ返ってくることがないお金なので、とても得をした気分になります。是非、参考にしてください。

過払い金返還請求の注意点

過払い金返還請求をしたいという方もいらっしゃることでしょう。そこで、過払い金返還請求をするうえでの注意点についていくつか挙げていきましょう。

まず一つ目は「貸金業者が倒産してしまった場合、返済が出来ない」ことです。
貸金業者が倒産してしまうと、過払い金返還請求は当然出来ませんし、もし倒産せずに残っている場合でも経営状況によっては返還額が減る可能性も出てきます。
そのため、まず第一に借入を行った貸金業者がまだあるかどうかを確認する必要があります。

二つ目は「過払い金返済請求には期限がある」ことです。過払い金返還請求は返済を終えてから10年以内という期限が定められています。
そのため、もし過払い金が発生していたとしても期限を超えてしまうと返還されることはありません。

以上、二つの注意点を挙げていきました。どちらの注意点でもやはり早めの行動が必要になります。自分にも過払い金があるのではと疑問がある方は、一度過払い金について弁護士に相談してみましょう。